格安で行ける?フランス留学に奨学金はあるのか

 

アートの国でもあるフランスに留学しようと考える人も多いでしょう。

ただ、費用面に不安があり、躊躇している人もいるはずです。

今回は、フランス留学に奨学金はあるのかといった、気になる疑問を解決していきましょう。

 

 

■返済不要の奨学金がある!?

 

フランス留学での奨学金については返済不要のものがあるので、いくつかご紹介していきましょう。

 

・海外留学支援制度(学部学位取得型)

学士の学位を取得するため、日本の高校を卒業したあとに海外の大学へ留学する学生向けの奨学金です。

奨学金については留学する地域によって違いがあるので、あらかじめ確認する必要があります。

フランス留学で奨学金を受ける場合、書類審査や面接審査があり、合格した者のみ支援を受けることができます。

ですが、芸術の実技の分野で留学する場合は対象外となるので、アート関係でフランス留学を考え、奨学金を受けることを考えているのであれば、違う方法を考えましょう。

 

m010071

 

 

・トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム

海外留学支援制度とは違い、アート分野での留学であっても奨学金を受けることが可能です。

学校へ通わずにボランティアやインターンシップなどでフランスへ行こうと考えている人にも利用できますが、同じく書類審査や面接審査が必要です。

 

・フランス政府給費留学生

9月~6月までの10ヶ月間、給費期間が決まっている奨学金です。

給費額については、文系と理系によって違いがあるので、フランス留学において、この奨学金を受け取りたい場合には、あらかじめ給費額について調べておきましょう。

また、特典があることでも人気の奨学金です。

【文系】

フランスの大学登録料免除

学費の補助

滞在先の宿を探す際のサポート

 

【理系】

往復航空券付与

フランス政府による学費負担(上限あり)

 

フランス留学で奨学金を利用したい人にとって大きな魅力があります。

 

fr-yk_culture01-640x416

■奨学金の準備は早めが吉

フランス留学でも奨学金を利用することで費用を抑えながら留学することが可能です。

留学先の地域や期間によって、受けられる奨学金の種類に違いがあるため、早めの準備が必要になるでしょう。

また、大学に通っている場合には大学で独自の奨学金を設けている可能性もあります。

大学側に確認しながら、自分に合った奨学金を見つけていきましょう。

 

 

フランス留学では奨学金を利用することが可能です。

上記の奨学金は書類審査や面接審査が必要ですが、審査基準の緩い返済の必要がある奨学金を選ぶことも可能です。

フランス留学では多くの奨学金の中から選ぶことができるので、迷ってしまう人も多いかと思いますが、有意義な留学にするためにも、しっかりと調べて自分に合ったものを選ぶことが大切でしょう。

フランス留学で利用できるビザは?種類や特徴について知ろう

フランス留学を考えているのであれば、ビザの取得が必要となります。

しかし、フランス留学のためのビザにはいくつかの種類があるため、どのビザを取得すべきなのか分からない場合も多いでしょう。

そこで、フランス留学に必要となるビザの種類や特徴について解説していくので、留学を考えている方々は参考にしてみてください。

 

■90日以内であればビザは必要ない

 

留学の場合は、日数関係なく全てにおいてビザの取得が必要であると考えている人も多いですが、

90日までの滞在であればフランス留学であってもビザの申請をせずに入国することができます。

 

もちろん、90日間であれば学校に通うことも可能なので、語学勉強も行えます。

ただし、フランスを含むシェンゲン圏内の国に滞在してから、フランスに訪れると滞在期間が足を運んだ日数分少なくなる場合もあるので気を付けましょう。

 

495fcdbc84be5314ad17eacae60a7f23_s

■ビジタービザ

 

修了書の修得ではなく、個人的な就学や文化体験などを3ヶ月以上行う場合に申請することができるビザです。

フランス留学に行く前にビザの申請が必要となり、就労や延長、ビザ切り替えはできません。

申請時には海外保険の証明が必要となりますが、語学力の証明は必要ありません。

 

 

■学生ビザ

 

学業を目的としたフランス留学が3ヶ月以上になる場合に申請が必要となるビザです。

ビザを取得するためには、キャンパスフランスの登録とフランス大使館への申請が必要となります。

流れとしては、キャンパスフランスのホームページからアカウントを作成し、個人情報や留学先の学校の情報などを入力し、登録証明書などもアップロードします。

 

その後、手続き費用を支払い、キャンパスフランスのアカウントで大使館の面接予約を行います。

面接日に大使館へ行き、ビザの申請を行いフランスへ渡航した際に移民局にて学生ビザの有効化を行います。

必要な書類や詳しい申請方法については、あらかじめ確認しておきましょう。

 

hege-agent1

 

 

上記の他にも、18歳から30歳を対象とした最大1年間留学することが可能なワーキングホリデービザやフランス企業で職務体験をするための研修生ビザなどもあります。

フランス留学に必要なビザは、滞在する日数や目的によって種類が違うので、あらかじめ自分に必要なビザはどれなのか確認し、準備をすることになるでしょう。

 

その際、フランス留学のビザ申請にかかる必要書類にも違いがあるので、申請時に慌てないためにも事前の確認が大切となります。

スムーズに行うためにも、フランス留学が決定したら早い段階からビザの準備をしていきましょう。

社会人が留学するならフランスがおすすめ!その理由とは?

社会人でもスキルアップやキャリアアップを狙って留学を考えることがあるでしょう。

アメリカやカナダ、イギリスなど、留学先の国は多くありますが、フランス留学も社会人におすすめの国の一つとなっています。

そこで、フランス留学がなぜ社会人におすすめなのか解説していきましょう。

 

 

■フランス留学が社会人におすすめの理由①受入れ数の多さ

 

留学先と聞くと、アメリカやカナダを思い浮かべる人も多いかと思いますが、フランスは留学生の受入れ数が

アメリカとイギリスに次ぐ3番目であることが「フランス留学ガイド2016-2017」で発表されています。

 

その理由としてはフランス政府による積極的な支援です。

日本だけではなく韓国や台湾、フィリピンやタイなど、多くの国にフランス政府留学局があることで、媒体役となりフランス留学の支援を行っています。

 

b07a3654-2988_s

 

■フランス留学が社会人におすすめの理由②世界的言語

 

上記にあるように政府がフランス留学を支援していることで留学に訪れる社会人や学生は増加していきます。

そのため、フランス語を話す人が世界中に増えていくことが予想できます。

フランス語が公用語の国はコンゴ民主共和国やマダガスカル、カルメーン、コートジボワールなどを含めて多くの国があります。

 

約7000万〜1億3000万人もの人々が主要言語として使っており、留学者も増え続けることでビジネスでも

フランス語を使うことが考えられるので、フランス語を習得することで自身の活動の場を増やすことができるでしょう。

 

■フランス留学が社会人におすすめの理由③様々な専門分野を学べる

フランス留学が社会人におすすめできる理由としては、語学だけではない知識が学べる点にもあります。

フランスでは、専門的な分野を専攻し留学することが可能となっており、語学だけではなく料理やファッション、エステやメイク、アートなど、芸術の都ならではの知識を取り入れることができるのです。

そのため、転職を考えている人やさらなるスキルアップを目指している社会人にもフランス留学はおすすめできます。

 

 

■フランス留学が社会人におすすめの理由④観光

 

ヨーロッパと言えば美しい街並みが魅力です。

フランス留学を考えている社会人でも、ヨーロッパの街並みに憧れて

留学先に選んだという方は少なからずいらっしゃるでしょう。

ヨーロッパにおいては、シェンゲン協定に加盟している国であれば出入国審査をしないで

パスポートチェックのみで国々を移動できるので、フランス留学をしている社会人でも気軽に観光へ行けます。

 

france-appeal-5

 

フランス留学が社会人におすすめの理由を4つご紹介しました。

語学だけではない専門的な知識を学べる点は、他の留学先にはない魅力を持っています。

フランスへの留学であれば社会人の皆さんもショッピングや観光など、様々なことでリフレッシュできるので十分に楽しめるでしょう。

フランス留学の前に知っておきたい大学事情

アメリカ、イギリスに次ぎ、フランスは留学生の多いことで有名です。

フランスはファッションやアートなどが有名で、「芸術の都」とも言われています。

 

美しい街並みも魅力的であり、観光地としても有名です。

そのため、日本でもフランスを留学先として選ぶ人は多くいます。

 

フランス留学を考えたとしても大学事情について理解している人は少ないと思うので、フランス留学にも役立つフランスの大学事情について解説していきましょう。

フランス留学を考えている人はぜひ参考にしてください。

 

53bfcfff2720756a7a327cfd8d503fa3

 

 

■フランスの大学…費用はどれくらい?

ヨーロッパなので物価が高く大学費用も多く必要になるのではないかと考える人も多いでしょうが、フランスの大学費用は安いことで有名です。

フランスには80を超える大学があり、そのほとんどが国立や公立となっています。

 

公立の授業料は基本的に無料となっていますが、登録料が定められています。

登録料は年間で2万4000円ほどとなっているので、日本の大学と比べてフランスは大学に掛かる費用が少ないことが分かります。

 

ただし、留学費用に関しては2019年以降一定の学費を支払うことが決定しているので、

フランス留学を考えているのであれば選んだ大学によって学費に違いがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

 post-main-1

 

■フランスの大学は退学率が高い

 

日本の大学と言えば、受験勉強をして入試を受けて合格したものだけが入れる場所ですが、フランスの大学は入試制度がなく高校卒業時に「バカロレア」と言われる試験を受け、合格すればどの大学にも入ることができるのです。

2017年には約80%もの学生が合格できているため難易度は低いと言えます。

フランス留学を計画している大学生の中には、この制度を羨ましいと考える人も多いですが、フランスの大学はアメリカやイギリスと同じように卒業することに価値があると判断されます。

留年も1年しか認められておらず、初年度で半分ほどの生徒が脱落するとも言われているので、フランス留学で大学に学びに行った際には、同級生の多くが退学してしまう可能性もあるのです。

 

 

今までは、フランス留学で公立大学を選んでいた場合、

学費が無料で留学することが可能でしたが、2019年からは一定額を支払うことが必要になっています。

期間や大学によって費用に違いがあるので、前もって確認しておくことをおすすめします。

 

また、退学率が高いので卒業することが難しいと考えられます。

留学生であっても言語のハンデはないので、

フランス留学で大学卒業を考えているのであればしっかりと勉強する必要があるでしょう。

 

 

フランス留学にかかる費用はどれくらい?内訳もご紹介!

世界中からの留学生を受け入れているフランスは、根強い人気がある留学先です。

語学だけではなくファッションやアート、料理などを学ぶ人にとって、フランスへの留学は憧れとも言えます。

しかし遠いヨーロッパのフランス、そして物価が高い国への留学は、費用面が心配という人も多いものです。

今回は、フランス留学にかかる費用と、その内訳を紹介します。

 

 

■フランス留学前に必要な費用

 

フランスへの留学で渡航前に必要になる費用はいくつかあります。

まず、フランスのビザ申請の費用が約1万円、往復航空券が10~20万円ほど必要です。

また海外旅行保険の費用として約10~20万円かかります。

フランスで長期留学する場合でも、フランスの国民保険に入るのは困難なので、1年目は海外旅行保険に入っておきましょう。

 

 

■大学の学費

 

フランス留学で国立大学での留学の場合、学費は300ユーロで済みます。

フランスでは高等教育は無償のため、留学の学費としては登録費用が約180ユーロ、国民保険の費用が約120ユーロのみとなります。

post-main-1

 

■フランス留学中の家賃

 

フランスでは滞在先に支払う費用が高くなりがちです。

特にパリは住宅事情がよくないため、家賃が割高となります。

 

・1人用のアパート

パリ市内では、月600~800ユーロが1人用アパートの家賃相場です。

家賃の他に光熱費やネット接続費用がかかります。

 

・シェアハウス

学生向けのシェアハウス、アパートのルームシェア、ファミリー住宅の1部屋を借りるスタイルを活用する留学生もいます。

月500ユーロ前後が相場です。

光熱費やネット接続費用も安く抑えられます。

 

・屋根裏部屋

パリでは昔、女中さんやお手伝いさんが屋根裏部屋に住んでいました。

家賃が安い部屋なら、屋根裏部屋という選択肢もあります。

相場は月400ユーロ程です。

屋根裏部屋の多くは6階以上の場所にあり、トイレは共有、エレベーターはありません。

フランスに留学したいが費用は抑えたいという人におすすめです。

 

 

■食事にかかる費用

 

フランスは外食の費用が高い特徴があります。

テラスがあるカフェで食べるランチは約15~20ユーロもかかります。

ただし、学生向けの食堂なら3.5ユーロ、パン屋で買うサンドイッチは3~5ユーロ程度で済みます。

留学中でも工夫次第で安くて美味しい現地の食事を楽しめます。

meal-with-the-family

 

フランスに10ヶ月滞在したケースで計算すると、滞在に必要な費用は約150万円となります。

生活のスタイル、フランス留学での滞在エリアによっては、もう少し留学費用を安く抑えることも可能です。

奨学金制度などの活用も検討しながら、フランス留学の費用を試算すると良いでしょう。

語学以外も学べる!フランス留学の特徴とは?

海外旅行先というイメージが強いフランスは、実は留学先としても根強い人気がある国です。

留学生受け入れ数は世界4位で、多くの留学生がフランスで学んでいます。

今回は、語学以外も学べるフランス留学のメリットや特徴をご紹介します。

9d9f89a5f19b4704041308b898c17af7

■フランスの基礎知識

フランスは西ヨーロッパに位置する国で、ファッションやアートなどの美しい文化、美食の国としても知られています。

年間を通して乾燥した気候で、梅雨はないものの四季がはっきりしています。

 

冬はとても寒く地域によっては氷点下まで気温が下がる場合があります。

秋から冬にかけては雨が多くなります。

時差は8時間で、サマータイムとなる4月~10月の時差は7時間です。

 

フライトはJAL、ANAなどが直行便を運航しています。

シャルル・ド・ゴール国際空港までの平均フライト時間は13時間です。

物価が高く、パリで外食をした場合には1食平均15EUR、日本円で1,950円程かかります。

 

■フランス留学の特徴

 

フランス留学の特徴は大きく分けて3つです。k

 

・専門留学が可能

フランスへの留学では、語学だけではない専門留学ができます。

学びたい分野を専攻しての留学がフランス留学の1番の特徴です。

 

シェフを目指すコースやパテェシエを目指すコースなどの料理や製菓専門の留学も人気があります。

エステやメイク、ファッションなどの芸術系の留学コースもあります。

 

さらに、アート系の留学先としても選ばれることが多い傾向があります。

特に花の都パリは芸術の都として有名で、豊かな文化に触れたい留学生が多く滞在しています。

pixta_26764434_M

 

・世界中の留学生がいる

フランスでは留学生を政策の一環として積極的に受け入れています。

そのため、様々な国や地域からたくさんの留学生がフランスを訪れています。

アメリカやイギリス、オーストラリアやアジアなど、グローバルな人間関係を築ける土壌が整っているといえます。

 

・ヨーロッパ旅行が自由にできる

ヨーロッパではシェンゲン協定に加盟している国なら、自由に国を行き来できるという協定があります。

フランスはシェンゲン協定の加盟国なので、留学中に気軽にヨーロッパ旅行を楽しめます。

 

 

■フランス留学の魅力とメリット

留学といえば英語というイメージが強い傾向があります。

しかし、フランス語は世界で3番目に話す人が多い言語です。

 

つまり、フランス語が話せれば世界2億900万人以上の人と会話が成立すると言えます。

また、留学中は美術館の博物館へ学割で安く入場できる点もメリットでしょう。

 

 

様々な魅力とメリットがあるフランスで、素晴らしい留学体験にチャレンジしてみてください。

1ヶ月のフィリピン留学にかかる費用はどれくらい?

欧米への留学と比較して、費用がリーズナブルな点でフィリピン留学の人気が高まっています。

留学を検討する際には、トータルでかかる費用に不安を感じる人も多いでしょう。

1ヶ月フィリピンへ留学する場合、どれくらいの費用が必要になるかをご紹介します。

 

■日本で支払う費用

 

1ヶ月フィリピンへの留学をする際には、まずは日本で支払わなくてはいけない費用が発生します。

一般的に留学エージェントや学校に支払う授業料は、日本にいるうちに支払う形となっています。

 

金額はフィリピンの1ヶ月留学で訪れる学校や地域、プログラムなどにより異なります。

あくまでも目安に過ぎませんが、フィリピンのセブ島でマンツーマン4コマとグループレッスンを組み合わせた場合、授業料は15万円程度となります。

加えて、入学金や登録料が15,000円程度かかってきます。

フィリピンへの1ヶ月留学では、日本で支払う分の費用として約16万円が目安です。

 

【フィリピン留学】現地にいくら持っていくべき?留学中に必要な費用

 

■フィリピン現地で支払う費用

 

1ヶ月のフィリピン留学では、授業料など以外に現地で支払う費用も発生します。

フィリピンの語学学校に直接支払う費用は、主に以下の3つです。

 

①特別就学許可証(SSP)の申請費

フィリピンへ留学する場合には、SSPをフィリピン政府に申請しなければなりません。

現地の学校が代理申請するため、申請費と手数料の支払いが必要となります。

留学期間が1ヶ月の場合、約17,400円かかります。

 

②教材費や水道光熱費

フィリピンでの生活では、水道光熱費や教材費などにもお金がかかります。

実費の精算方法は学校によって異なります。

使った分だけ支払うシステムや、固定で定額支払いをするシステムなどがあるので事前に確認しておきましょう。

1ヶ月では実費5,000円前後必要となります。

 

③寮の保証金

フィリピンで寮生活を送る場合、敷金や管理費にあたる寮の保証金が必要です。

留学中に寮の部屋を損壊した場合などは、保証金が修理費に充てられます。

損壊などの事案がなければ全額が返金され、保証金は約6,700円を見込んでおけば良いでしょう。

 

その他、留学中にフィリピン現地で支払う費用として、空港からのピックアップ費、学生証の発行費、テキスト代金などがあります。

これらの現地支払い分の費用を合計すると、約3万~4万円程度の支払いが必要です。

 

img_cost1

 

■留学費用の総計

 

1ヶ月のフィリピン留学で、日本支払い分と現地支払い分を合計した費用は約19万円です。

この他に、現地生活費や航空券代などを合わせると、費用の総計は約29万円となります。

約30万円程度を目安に1ヶ月のフィリピン留学にかかる費用と考えておきましょう。

 

 

人気を集めているフィリピンの1ヶ月留学も、トータルで必要となる費用の目安を知っておけば、安心して挑戦できます。

事前にしっかりと見積もりを取って、フィリピン1ヶ月留学にチャレンジしましょう。

フィリピン留学なら一週間で英語が学べるってホント?!

一週間の短期留学先としてフィリピンの人気が高まっています。

特に、お盆や年末年始の連休や、5月の大型連休などを上手に活用し、一週間のプログラムを選ぶ人が増えているのです。

たった一週間でどのくらい英語が学べるのか、大まかなスケジュールなどをご紹介しましょう。

 

■一週間のフィリピン留学の効果は?

 

たった一週間で、どの程度英語が学べるかは気になる部分です。

フィリピン留学では、一週間で英語を学ぶためにまとまった時間を費やします。

 

その結果、TOEICの点数が上がる人や、英語のスピーキング力が向上する人もいます。

また、英語学習へ取り組む意識が変わり、次の留学に向けて意欲的に英語に取り組めるようになる人もいるそうです。

同じ一週間のフィリピン留学でも、目的をしっかりと明確にしておくことで、留学の効果を最大限にすることができると言えます。

 

 

bg_nav_sl_01

 

 

■スタンダードなスケジュール

 

一般的なフィリピン短期留学での、一週間のスケジュールを見てみましょう。

時間割は月~金曜まで、1コマ50分の授業が1日8コマです。

 

学生の希望によって、グループレッスンなどの追加プログラムを用意している学校もあります。

一週間のフィリピン留学で40コマをこなす計算になります。

これは、欧米の集中コースに匹敵するボリュームです。

 

学校によっては、金曜日は授業が少なく余暇を楽しめるようにしているケースもあります。

また、平日の外出がOKとい

 

 

う学校では、フィリピン現地でのショッピングなどを経験できます。

 

 

■スパルタ式のスケジュール

 

次に、スパルタ式の留学スケジュールを見てみましょう。

時間割は月~金曜までと一般的なスケジュールと同じとは言え、スパルタ式の場合は1日のスケジュールが異なります。

まず、朝食前にもテストや授業を行います。

 

朝のテストに不合格の場合は様々なペナルティがあります。

1日のコマ数は10コマで、その他に早朝授業や義務の自習時間もあり一週間が英語漬けの生活です。

 

一週間のフィリピン留学で、コマ数で50コマ以上をこなす計算になります。

学校によっては、土日などの週末にも授業時間を設けているケースもあります。

 

image-709

 

何度も海外留学をしている人はもちろん、初めての海外留学となればハードルは高いものです。

フィリピンは、日本からも近く欧米よりリーズナブルに留学できるため、初心者にもおすすめの留学先と言えます。

フィリピンで一週間の短期留学を体験して、次の英語学習につなげてみましょう。

東南アジア有数の経済都市・フィリピンマニラへ留学しよう!

フィリピン留学をマニラで行おうと考えている人はいませんか?

フィリピンは物価が安いので、他の国へ留学するよりも抑えた費用で行けると高い人気を誇っています。

そこで今回は、フィリピン留学をマニラで行うメリットやマニラがどういった都市であるのかご紹介していきましょう。

 

 

■フィリピンの首都マニラはどんな地域?

政治や経済の中心地でもあるマニラはフィリピンの首都です。

フィリピンのイメージとしてはリゾート地が有名で自然が多く、場所によっては整備されていない地域があると考え、

過ごしにくい場所があるのではないかと不安を抱く人もいるでしょう。

しかし、マニラはフィリピンの首都なので交通網が発展しており、鉄道や航空も充実しています。

 

manila-1709394_1280-690x460

 

そのためフィリピンでの留学先をマニラに選んだとしても不便なく過ごせることが分かります。

また、急激な経済成長を遂げている都市でもあり、マニラには日用品を気軽に購入できるコンビニやショッピングモールの数も年々増えてきているので安心です。

気候としては、年間を通して20~30℃を保っているので過ごしやすいでしょう。

 

ただし、6月~10月は雨季となりスコールが多くなるだけではなく、

6月~9月までは台風による被害が多くなる時期なので、フィリピン留学をマニラで考えているのであれば注意が必要です。

 

 

■フィリピン留学をマニラで行うメリットとは?

 

フィリピンでの留学先をマニラにするメリットをご紹介していきましょう。

上記でも挙げたようにマニラは発展を続けている地域です。

 

そのため、移動も鉄道を使えば簡単にでき、休日もショッピングを楽しむなど、充実して過ごせます。

セブ島やバキラなどのリゾート地にも足を運びやすいだけではなく、タイやシンガポールなど、他の国への直行便もあるのでちょっとした旅行を楽しむことも可能です。

 

また、日系企業が多く進出している場所でもあるので日本人も多く暮らしており、

現地就職の窓口も多いのでフィリピン留学をする中でいずれはマニラで働くことを考えたとしても就職先を見つけやすいメリットがあります。

フィリピン留学をマニラで行う場合のメリットは複数あるので魅力的でしょう。

 

album_02

 

 

フィリピン留学ではマニラだけではなく他の地域でも行っています。

それぞれ多くの魅力がありますが、フィリピンの首都・マニラであればインフラが整っているので快適に留学することができます。

フィリピン留学を考えても地域選びで迷っている人がいれば、マニラを留学先として選んでみてはいかがでしょうか?

格安で留学するならフィリピンがおすすめ!風土や治安をチェックしよう

 

留学をしたいと考えていても、費用の高さから無理だろうと諦めている人はいませんか?

フィリピンであれば費用を抑えて留学ができるのでおすすめです。

そこで、なぜフィリピン留学が格安で行けるのか、その理由や安心して過ごす材料となる風土や治安についてチェックしていきましょう。

 

■フィリピン留学が格安なワケとは?

 

フィリピン留学がなぜ格安で行けるのかというと、第一に物価の安さが関係しています。

フィリピンの物価は日本と比べると1/2~1/3となります。

 

 

img_2d58cc9727ffd0e78d5167067ac97b91146840

 

 

そのため、授業料が安いのでフィリピン留学が格安となるのです。

生活費も抑えることができ、費用を掛けず過ごせるため学生でも安心です。

また、アジアなので日本との距離が近い点も留学費用を抑えられるポイントです。

 

距離が近いことで飛行機代を抑えることができ、留学費用を準備する際も無理なく貯められます。

フィリピン留学をさらに格安にしたいのであれば、ホテルや1人部屋の寮ではなく大人数部屋で申し込むことで節約できるので、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 

■フィリピンの風土や治安について

 

いくらフィリピン留学が格安でも、過ごしにくいことや治安が悪ければ問題です。

フィリピンは様々な島が集まってできた国であり1年を通して暖かな気候が特徴なので、どの季節に留学を考えても過ごしやすいでしょう。

 

philippines__info01

 

島によって雰囲気には違いがありますが、フィリピンの首都・マニラは中心地となるので

賑やかさがあるだけではなくショッピングビルも多く立ち並んでいるので、休日も買い物を楽しむことができます。

充実した休日を過ごせるでしょう。

 

また、セブ島やバギオは自然が多く、静かに勉強をしたいと考えているのならおすすめです。

ただし、場所によっては治安の悪いエリアもあります。

 

盗難事件が頻繁に起こる地域もあり、フィリピン留学では場所選びも重要となるでしょう。

セブ島やバキオ、クラークなどは比較的治安が良いと言われているので、留学を考えているのならそちらもおすすめです。

 

 

AS20171013002350_comm

 

 

フィリピン留学は格安で行えると評判なので近年非常に人気となっています。

ですが、場所によっては治安が悪く日常生活に支障が出てしまうこともあるでしょう。

 

フィリピン留学が格安で行ける安心感から留学先の場所選びを適当にしてしまうと後悔する可能性もあります。

勉強に集中しながらも安心して過ごせるよう、充実したフィリピン留学にするためにも留学先の場所選びは慎重に行いましょう。