セブ留学の治安って問題ない?注意したいポイント

セブの治安

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

セブ留学が気になるけど、治安が心配でセブへの留学を決めかねている方は多いのではないでしょうか?

治安が悪いと思われがちなセブですが、実際に現地で1年ほど生活していて危険な目に遭ったことはないです。
基本的に海外にいるということを忘れなければ、そこまで心配する必要はありません。

ということで今回は実際に生活してみて感じたセブの治安やよくあるトラブル、そしてトラブルに巻き込まれないためのポイントを紹介しますので、セブ留学を検討している方はチェックしてみてくださいね。

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

セブの治安は実際どうなの?

セブの治安は実際どうなの?

セブには1年近く滞在していましたが、危険な目に合ったことやトラブルに巻き込まれたことは1度もありませんでした。

セブは発展途上国ではありますが、先進国であるイギリスなどと同じぐらいというデータもあります。(参考:NUMBEO

むしろセブには韓国や日本からたくさん留学生や観光客が訪れるため、危険な目に合わないように助けてくれたり、アドバイスをくれるフィリピン人が多かった印象です。

もちろん全員が親切とは限らないので、注意は必要です。

世界でもトップレベルの治安の良さである日本に比べてしまうと、やはり治安は悪いと言えますが、自分は海外にいるということを忘れずに行動していれば、危険な目に合う確率は少なくなります。

 

セブでよくあるトラブル事例TOP3

セブでよくあるトラブル事例TOP3

治安はそこまで悪くなくても残念ながら実際にトラブルは起きています。

中でもよく発生しているのは以下の3つのトラブルです。

  1. スリ、置き引き
  2. トランプ詐欺
  3. 睡眠薬強盗

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

セブでよくあるトラブルTOP1:スリ、置き引き

セブで一番多い被害はスリと置き引きです。

人混みの中で、気が付いたらかばんを開けられて、スマートフォンや財布などが盗まれていたということが多いです。

また、カフェやレストランでかばんから目を離したすきに、そのまま持っていかれてしまうことも。

特に注意が必要なのがストリートチルドレンです。
話しかけられて、会話している間に他の子があなたの貴重品を狙っている可能性があります。

ストリートチルドレン、そして人混みやカフェ、レストランでは特に注意が必要です。

 

セブでよくあるトラブルTOP2:トランプ詐欺

日本人が被害に遭うトラブルで多いのがトランプ詐欺です。

トランプ詐欺とは、街中やバーで「今度家族が日本に行くから、日本のことを詳しく教えて」などと、見知らぬ人に声をかけられて、仲良くなったところで、トランプで賭けをしようと家に招かれます。

そして賭けをしていると「これから友達が来るから、一緒にかけをしよう!絶対勝てるから。」などと言われます。

そのまま断らずに、続けると最終的に賭けに負けてしまいお金を支払わされてしまいます。

実は招いた人とあとから家に来た人はグルで、騙されていたという詐欺の一種です。

 

セブでよくあるトラブルTOP3:睡眠薬強盗

このトラブルも誘われ方はトランプ詐欺とほぼ同じです。

仲良くなるきっかけを作り、一緒にバーやレストランでお酒を交わします。

相手から出されたお酒、もしくはあなたが席を離れた際に睡眠薬を飲み物に入れられて、眠ってしまい気づいた時には財布などの貴重品が盗まれているというトラブルです。

 

セブでのトラブルに巻き込まれないための7つのポイント

セブでのトラブルに巻き込まれないための7つのポイント

ではどうしたら、これらのトラブルに巻き込まれないのか気になりますよね。

対策と効果を7つ紹介するので、必ず確認しておきましょう!

 

対策 効果
質素な格好をする お金持ちだと思われないようにする
大金は持ち歩かない 被害は最小限にする
かばんは前で持つ スリに遭うリスクを減らす
ポケットに貴重品を入れない スリに遭うリスクを減らす
荷物から目を離さない 置き引きの被害を避ける
知らない人について行かない 詐欺や強盗などを避ける
他人からもらった飲食物には手を付けない 詐欺や強盗などを避ける

 

セブで避けるべきエリア

セブで避けるべきエリア

セブでトラブルを避けるためには、以下のエリアに行くことは控えましょう。

特に日が暮れてから1人で出歩くことは絶対に避けてください。
浮浪者や麻薬中毒者、ストリートチルドレンなどが多く、トラブルに巻き込まれる可能性が高いです。

以下のエリアではなくても夜間帯に1人で出歩くのはあまりおすすめではないので、日が暮れてから出歩く場合は必ず複数人で行動するようにしましょう。

コロンストリート セブにある一番古い商店街セブの中でも一番安く日用品や衣類が購入できるストリート
カルボンマーケット 市民の台所と言われているマーケットで、食材や古着などがとても安く、雑多に売られている
マンゴースクエア ナイトクラブやバーがたくさんある繁華街

 

まとめ:海外にいるということを忘れないようにする!

まとめ:海外にいるということを忘れないようにする!

セブの治安はそこまで悪くないとお伝えしましたが、まったくトラブルがないわけではありません。

海外にいるということを忘れ羽目を外してしまうと、被害に遭う可能性は高くなります。

くれぐれも自分は「日本ではなく海外にいる」ということを忘れずに行動することが大切です。

ネスグローバルのカウンセラーも留学経験が豊富なので、海外でのトラブル対策についても熟知しています。
何か不安なことがあればいつでもご相談くださいね。

その他、気になることがあればいつでもお問い合わせください!

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

バンクーバー留学の治安って問題ない?注意したいポイント

バンクーバー留学の治安って問題ない?注意したいポイント

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

バンクーバーは治安が良いって言われているけど、本当にそうなの?」と思っていませんか。

 

結論からお伝えすると、日本に比べたらバンクーバーの治安は悪いです。

とはいえ、日本が安全すぎるだけであって、日本と比べたら海外はどこも危険で溢れています。

 

海外であっても、羽目を外さずに自分は今海外にいるんだという意識をしっかり持っていればトラブルに巻き込まれることはありません。

 

ということで今回はバンクーバーの治安と発生している事例、そしてトラブルに合った時の対処法を紹介するので、渡航前に必ず確認しましょう!

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

バンクーバーの治安とは

バンクーバーの治安とは

バンクーバーの治安はアメリカやイギリスに比べると良いといえますが、日本に比べると悪いです。

安全な都市に選ばれてはいるものの、犯罪率は日本の5倍以上

とはいえ、危険なエリアと安全なエリアが分かりやすく分かれているので、危険なエリアに近づかなければトラブルに遭遇する可能性は低いです。

 

注意したいポイントは、あなたが日本ではなくて海外にいるということです。

このことを常に頭に入れておけば、危険なトラブルに巻き込まれることはないでしょう。

 

バンクーバー留学でのトラブル5つの事例

バンクーバー留学でのトラブル5つの事例

 

では実際にバンクーバーで多く発生しているトラブルを見ていきましょう。

 

トラブル事例 トラブル内容
スリや置き引き 空港、駅、ナイトクラブ、レストラン、カフェなどで留学生を狙ったスリや置き引きが多発。【手口】
トイレなどで席を外した際にパソコンや貴重品が盗まれる

【対策】

  • 盗まれたくない荷物は常に身に付けておく
  • かばんはチャック付き、そして前で持つ
性犯罪 日本人女性を狙った性犯罪、金銭目的の結婚詐欺が多発。【手口】
簡単な英語で声をかけて食事などに誘い、信頼関係を作ってから金銭関係の相談をする

【対策】

  • 知らない人をすぐに信用しない
  • 2人きりにならない
ドラッグ カナダではマリファナの使用が解禁。パーティやナイトクラブで勧められることが多くなるので、ドラッグ関係のトラブルに巻き込まれないように注意が必要。【対策】

  • 嫌なものは嫌と断る!
金銭に関する詐欺 シェアハウスやアルバイトの契約時に、書面で契約を交わさず詐欺や違法が多発。【手口】
シェアハウスを契約したが、入居時に支払ったデポジット(保証金)が帰ってこず、オーナーが音信不通になる

【対策】

  • 書面で契約を交わす
ホームレス問題 街中にはホームレスを装ってひったくりをする事件も発生。【手口】
ホームレスに小銭を渡そうと財布を取りだしたときに、財布やかばんごと持っていかれる

【対策】

  • 相手に財布やかばんを見せないようにする

 

あなた自身が気を付けていれば、どれも防ぐことができるのがバンクーバーのトラブルの特徴です。

 

バンクーバーの危険エリア

バンクーバーの危険エリア

続いてバンクーバーの危険なエリアを紹介します。

 

  • チャイナタウン・ヘイスティングストリート:昼間もホームレスや麻薬中毒者が多い
  • Stanley Park(スタンレーパーク):日没後はホームレスや薬物中毒者の寝床
  • バンクーバー国際空港(YVR):留学生を標的にした詐欺が多い
  • Surrey(サレー):ギャング同士の抗争が多い

 

これらの危険な場所は基本的に避けるようにしましょう。

特に夜に1人でこれらの周辺を歩くのは絶対にNGです。

やむを得ず、出歩く必要がある場合は何人かでまとまって行くようにしましょう。

 

バンクーバーでトラブルに合った時の対処法

バンクーバーでトラブルに合った時の対処法

バンクーバーで多いトラブルについて紹介してきましたが、注意していてもトラブルに巻き込まれてしまう可能性はあります。

そんな時はすぐ助けを呼ぶ、相談するなどと対応を取りましょう。

 

  • 今すぐ助けが必要な時:911(カナダの緊急連絡先)に電話
  • 騙されている気がする、相談したい時:留学エージェント・語学学校に連絡
  • 盗難や事故に遭った際の対処法を知りたい時:海外保険のヘルプデスクに連絡

 

トラブルの内容によって連絡先が異なるで、まずは冷静になって適切な連絡先に連絡しましょう。

 

まとめ:海外にいることを忘れないようにする

まとめ:海外にいることを忘れないようにする

バンクーバーの治安について詳しく紹介してきましたので最後におさらいです。

他の国に比べて治安は良いですが、日本と比べると危険はあります。

バンクーバーに限らずですが、海外に行くときは「自分は海外にいる」ということを忘れないようにしてください。

海外にいると、羽目を外したくなることもあるでしょう。
しかし、日本とは違い危険はいたる所に潜んでいます。

あなたの留学を充実したものにさせるためにも、常に気を付けることを心がけて下さいね。

 

気になることがあれば、いつでもネスグローバルにお問い合わせくださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

バンクーバー留学中の気候と服装選びのポイント

バンクーバー留学中の気候と服装選びのポイント

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

「バンクーバーに留学の予定だけど、気候や服装はどうすればいいの?」と疑問に思っていませんか。

カナダは寒いイメージがありますよね。

しかし、バンクーバーは極寒ではありません。
実は東京と同じように雪が降ることは少ないです。

 

などとあなたが想像していた気候と違っているかもしれません。

現地に行ってから後悔しないように、事前にバンクーバーの気候や適切な服装を確認しておきましょう。

 

この記事では、バンクーバーの気候やおすすめの服装、そして現地で気を付けるべきポイントを紹介しますね。

 

バンクーバーの気候

バンクーバーの気候

まずはバンクーバーの基本的な気候です。

バンクーバーの気候

引用:Weather Spark

 

夏は短く快適で、冬は長く雨の日が多いのがバンクーバーの気候の特徴。

バンクーバーの夏は日本とは異なり、とても過ごしやすい気候です。
上記の表を見ていただくとわかるように、最高気温は25度ほどで、日照時間も16時間と長くなります。

夏の日の出は早い時期で朝5時ごろ、そして日が沈むのは夜21時ごろ。

そのため夏になると現地の人たちは夜遅くまで公園でピクニックを楽しんだり、BBQをしたりと満喫します。

一方で冬になると、日照時間が短くなり早い時期には16時に日が沈みます。
冬は気温はそこまで下がりませんが、湿度が高く、雨が多いので現地の人は家にこもりがちです。

 

特徴を簡単にまとめると以下の通りです。

 

  • 夏は短いが、夜遅くまで明るい
  • 冬は湿度が高く、雨が多い

 

バンクーバー留学に持っていくべき衣類

バンクーバー留学に持っていくべき衣類

続いてバンクーバー留学に持っていくべき衣類について見ていきましょう。

渡航する時期や期間によって異なりますが、最低限以下の衣類を持参すれば、あとは現地で購入できます。

 

  • 下着類:1週間分
  • トップス:Tシャツ2~3着
  • ボトムス:2~3着
  • ジャケット:羽織もの1着
  • 靴:スニーカー1足、サンダル1足
秋冬春
  • 下着類:1週間分
  • トップス:ヒートテック2~3着、Tシャツ2~3着、セーター類2~3着
  • ボトムス:2~3着
  • ジャケット:コート1着、軽量ダウン1着
  • 靴:スニーカー1足、ショートブーツ1足

 

トップスは現地で安く購入することができるので、数枚持っていけば十分です。

ボトムスは履きなれているものを持っていきましょう。

ジャケットは夏は薄手の羽織れるもの、秋冬春は軽量ダウンを持っていくのがおすすめです。

靴に関しては、冬場は雨が多いので防水のショートブーツなどが役に立ちます。

 

バンクーバーの気候と服装

バンクーバーの気候と服装

バンクーバーの季節ごとの気候と服装も見てみましょう。

 

季節

気候

服装


(4月中旬〜6月)

  • 平均気温:15度前後

4月ごろから暖かくなり、桜も4月に満開になる

長袖のシャツ、ジャケット、軽めのコート。
朝晩は冷え込むのでセーターやフリースも。


(6月〜9月中旬)

  • 平均気温:20度前後

晴れの日が多くなり、湿度も低いので過ごしやすい

日中は半そで。朝晩との気温差もあるので羽織ものがあるとベター。
紫外線対策にサングラスや帽子が必要。


(9月中旬〜11月中旬)

  • 平均気温:10度前後

秋は短く、10月中旬以降は雨が増えてくる

長袖シャツ+セーター、フリース、軽めのコート。


(11月中旬〜4月中旬)

  • 平均気温:5度前後

冬は長く雪はあまり降らないが、雨季になるため雨が多い

日本と同じ服装で問題無し。
雨が多いので防水効果のある物や折り畳み傘がおすすめ。

 

東京の気候と似ているので、普段の日本での服装と同じと考えて頂ければ問題ありません。

しかし、日本人はどこに行くときもお洒落をしていく人が多いですが、バンクーバーではそこまでお洒落をしなくて大丈夫です。

その理由は次項で説明しますね。

 

バンクーバーの服装で気を付けるべきポイント

バンクーバーの服装で気を付けるべきポイント

なぜバンクーバーではお洒落をする必要がないのか、それは現地の人たちはTPOに合わせた服装だからです。

 

日本にいると外出する時は、女性であればほとんどの人が化粧をしていますよね。

しかし、バンクーバーでは化粧をせずに外出することも多々あります。

近所のスーパーやジム、ヨガに行く時など、お洒落する必要はないと現地の人たちは考えているから。

一方で、パーティーや高級レストランなどに行く時はめいっぱいドレスアップするのがバンクーバー流です。

 

このTPOに合わせるというポイントを知らずに、あなただけTシャツ、デニムでパーティーに行かないように気を付けて!

 

バンクーバーの服装で気を付けるべきポイントはTPOに合わせるということです。

 

まとめ:バンクーバーは過ごしやすい気候、そして服装はカジュアルに

 

基本的に日本と同じ気候だけど服装はカジュアルに

バンクーバーの気候と服装について紹介してきましたので最後におさらいです。

 

  • 夏は過ごしやすく短い、冬は雨が多く長いのがバンクーバーの気候
  • 夏は夜まで明るい
  • 基本冬に雪は降らない
  • 持参する衣類は最低限
  • 服装はTPOに合わせる

 

これからバンクーバーへの留学の準備をされる方はぜひ参考にしてみて下さいね。

ネスグローバルでは渡航前のオリエンテーションも開催しているので、不明点を解消して渡航できます。

いつでもお気軽にお問い合わせくださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

バンクーバー留学に必要なものは?おすすめの持ち物チェックリスト

バンクーバー留学に必要なものは?おすすめの持ち物チェックリスト

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

バンクーバーへ留学に行くことになったけど、持ち物って何が必要なんだろう」と思っていませんか?

不要なものを持って行って、無駄に荷物がかさばるのは防ぎたいですよね。

 

今回はバンクーバーへの留学で必要な持ち物、あると便利なもの、そして不要なものをリストアップしました。

これから留学の準備をされる方は、事前に確認しておきましょう!

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

バンクーバー留学での必需品:日本から持っていくべきもの

バンクーバー留学での必需品:日本から持っていくべきもの

最低限、日本から準備していくものを厳選しました。

飛行機で預けられる荷物は重量制限があります。
重量をオーバーしてしまうと、追加費用を支払わないといけなくなり、渡航前につまずいてしまいます。

あなたの留学が良いスタートを切れるように、荷物を極力減らしてコンパクトにバンクーバーへ渡航しましょう!

 

パスポート 有効期限を必ず確認。
パスポートの期限を超えるビザの取得はできません。
入国で必要な書類
  • 航空券
    (観光ビザの場合は復路便の航空券も)
  • 学校の入学許可証のカラーコピー
  • 学生ビザ、ワーホリビザの許可レター
  • 滞在先資料
海外保険証 海外保険は必ず入っていきましょう。
クレジットカード 大金をキャッシュで持ち歩くのは危険なので、キャッシングできるクレジットカードを準備しましょう。
現金 カナダ到着時に必要になる、最低限のカナドル&帰国時のために日本円を準備しましょう。
携帯電話 SIMフリーの携帯を持参すれば、現地でも使用することができます。
下着類1週間分  カナダは原則で洗濯が週に1回です。
筆記用具 入国カードを書く際にペンが必要です。
最低でもペン1本は持参しましょう。
常備薬 日ごろ使用している薬はカナダで販売していない可能性もあるので、必要な人は準備しましょう。
日本語の参考書 英語学習において、日本語の参考書(文法書)は必須です。
1冊は準備しておきましょう。
衣類 季節に合わせて最低でも2、3日分の衣類は持参しましょう。

 

バンクーバー留学であると便利なもの

バンクーバー留学であると便利なもの

たいていの日用品はカナダで手に入りますが、日本にしかないものやクオリティーが日本の方がいい場合があります。

あなたに日常生活で必要だと思うものをピックアップして持参しましょう。

 

化粧品、スキンケア用品 大量に持っていく必要はありませんが、愛用しているものはもっていくのが安心です。
帽子、サングラス、日焼け止め 現地で購入可能ですが、日本人とはサイズやクオリティーが異なります。
国際免許 カナダで車を運転するのであれば発行していきましょう。
日本食 たいていの日本食(調味料、ふりかけ、お菓子など)は現地で購入できますが、価格は日本に比べ高くなります。
コストを抑えたい方は持参するのがおすすめです。
生理用品 現地で購入できますが、日本のクオリティーより高いものは少ないです。
肌が弱い人は持参するのがおすすめです。
電子辞書 日英の辞書が入ったものをカナダで見つけるのは難しいです。
防寒具 現地でも購入できますがユニクロの軽量ダウンなど1枚あると便利です。
ラゲージチェッカー 帰国時の預け荷物の量を測るのに便利です。
扇子 外国人から人気の扇子は暑さ対策やコミュニケーションツールとしても使えます。
ホストファミリーへのお土産 残るものではなく、日本のお菓子などがおすすめ。
折りたたみ傘 カナダの人は傘はあまりささないので、日本のように可愛い折り畳み傘は売っていません。
電子書籍 持ち運びにも便利で、日本の書籍を購入したければ、ネット上で買えます。
本好きは持参しましょう。
英文の処方箋 持病がある方は、現地で薬を受け取れるように英文の処方箋を持っていきましょう。
ノートパソコン 履歴書の作成や学校での提出物やプレゼンをする場合は必要になります。
洗濯用ネット カナダの洗濯機は衣類が傷みやすいです。
現地ではあまり売っていないので、持参するのがおすすめ。
マスク 現地では不要ですが、飛行機の機内は乾燥します。
数枚あると便利。

 

バンクーバー留学で不要なもの

バンクーバー留学で不要なもの

最後にバンクーバーへの留学で不要なものです。

  • 変圧器・変換プラグ
  • 大量の衣類

 

カナダの電圧は110V、そして日本の電圧も110Vです。
変換プラグの形も日本と同じになります。

基本的には同じですが念の為、電源アダプターに記載されている電圧値内であるかを確認して使用しましょう。

 

そして、大量の衣類は不要です。

日本で愛用しているものを持っていきたくなるでしょう。
しかし、カナダの洗濯機は日本に比べ性能が良くなく、洋服が傷みやすいです。

お気に入りの洋服は持参せず、現地で購入するのがおすすめ。
カナダでも洋服は安く買えるのでカナダのファッションを楽しむのも1つの方法ですよ。

 

まとめ:日用品は現地で調達

日用品は現地で調達

バンクーバーの留学での持ち物をご紹介してきましたが、日用品は基本的に現地で揃えられます。

本当に必要なものは入国手続きや、バンクーバーに到着してから数日の間に買い物をせずに過ごすためのものです。

 

ネスグローバルでは留学前のオリエンテーションも開催していて、荷物に関してもアドバイスしています。

気になることがあればいつでもお気軽にお問い合わせくださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

ハワイ留学に欠かせないビザ!種類と特徴をチェックしよう

jeremy-dorrough-wdtF-f4qBdU-unsplash

日本から約7~9時間で行けるハワイは、リゾート地としても知られているため観光で訪れる方は多いです。
しかし、最近では留学先にハワイを選択する人もいます。
ハワイ留学をする際には様々な準備を行っていかなくてはなりませんが、特に重要なのは「ビザ」でしょう。
今回は、ハワイ留学に欠かせないビザの種類と特徴についてご紹介していきます。

 

■ハワイ留学に必要なビザの種類

agus-dietrich-eUjufrdx_bM-unsplash

まず、ハワイ留学を行うためにはビザの申請が必要となります。
ただし、ビザが必要な条件は限られています。

・3ヶ月以上滞在し、なおかつ180時間の授業を受ける
・2年制の職業訓練を受ける

この2つに当てはまる場合はビザが必要になってくるので、忘れないように申請しましょう。

また、ビザにも種類があり、目的によって必要なビザは異なります。
例えば語学学校に留学する目的なら「F-1」、職業訓練学校に留学する目的なら「M-1」を選びます。
F-1は一般的な学生ビザであり、アメリカの認定大学や私立高校、認可を受けている英語プログラムを受ける場合に必要です。
また、M-1ビザはアメリカの機関で研修を受ける際に必要となります。

 

■ビザがなくてもハワイ留学は可能

pen_paper_hires3

ビザが必要な条件は上記でご紹介しましたが、実はビザがなくても英語を学ぶことはできます。
3ヶ月以下の滞在であればわざわざビザを準備することもありません。
また、現在は3ヶ月以下の語学プログラムも充実しているので、それらを利用すればビザなしでもハワイを堪能しながら英語が学べるでしょう。
ビザの申請は手間が掛かりますし、費用も掛かってしまいます。
できるだけ費用を抑えた留学にしたいという方は、3ヶ月以下のプログラム利用を検討してみましょう。

 

■学生ビザ以外の発行は可能?

jeremy-dorrough-wdtF-f4qBdU-unsplash

F-1とM-1はいわゆる「学生ビザ」に分類されるもので比較的取得しやすい種類なのですが、学生ビザは一部を除き就労がほとんど認められていないため、ハワイで働きたい場合は学生ビザ以外のものが必要となります。
J-1は35歳以上でインターンシップを希望する人に発行されるものです。
技術系職種のトレーニングのための留学であればH-3が必要となりますが、基本的にはアメリカ企業からのサポートが必要となるため、あらかじめアメリカ企業と交渉しておくようにしましょう。

ハワイ留学にはビザが必要な場合と特に必要でない場合があります。
自分がどんな留学にしたいのかをまず考えた上で、ビザは取得すべきかどうかを考えてみましょう。

バンクーバー留学に必要なビザは?留学準備のポイント

バンクーバー留学に必要なビザは?留学準備のポイント

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

バンクーバーに留学したいけど、カナダのビザの種類や特徴、そして申請方法が分からず悩んでいませんか?

どのビザが自分の留学に適しているのかわからないと、次の準備に進めないですよね。

 

そこで今回は、カナダに留学する際のビザについて詳しく紹介していきます。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

バンクーバー留学のビザの選択肢は3つ

バンクーバー留学のビザの選択肢は3つ

まず、カナダへ留学するには3つのビザのタイプがあります。

  1. 学生ビザ
  2. ワーキングホリデービザ
  3. 観光ビザ

それぞれのビザの特徴を見ていきましょう。

 

バンクーバー留学のビザの選択肢①:学生ビザ

カナダの学生ビザ(Study Permit)は、長期間の就学を可能にするためのビザです。

渡航前に申請すると、高校・短大・専門学校・大学などの半年以上のカナダ滞在が必要な学校に通うことができます。

 

カナダの学生ビザはアルバイトが可能です。

しかし、注意が必要なのが「ESLの生徒(語学学校で英語やフランス語を学ぶ人)は対象外」という点です。

高校や大学など語学学校以外のフルタイムで学校に通っている生徒が対象になるので、注意してくださいね。

 

  • カナダの学生ビザは6カ月以上の留学
  • 語学学校以外のフルタイムの学校に通う場合はアルバイトが可能

 

バンクーバー留学のビザの選択肢②:ワーキングホリデービザ

カナダのワーキングホリデー(※以下ワーホリ)ビザは発給人数が6,500人で、申請時の年齢が18歳から30歳という条件があります。

そして滞在中は下記のルールがあります。

  • 滞在可能な期間:1年間
  • 就学できる期間:6カ月以内
  • 就労できる期間:制限なし

 

語学学校に通いたい期間が6カ月以内で、その間アルバイトもしたい方にはワーホリのビザがおすすめです。

そして語学学校を卒業した後も、アルバイトをしながら滞在することができるので自由度の高いビザとして人気を集めています。

年間の発給人数が6,500人までと定員があるので、早めの申請が必要です。

 

  • 1年間の滞在期間中に可能な就学は6カ月以内
  • アルバイトの制限はなし
  • 定員が決まっているので早めの申請が必要

 

バンクーバー留学のビザの選択肢③:観光ビザ

カナダの観光ビザは最大6カ月間の滞在が可能です。

6カ月以内の短期での留学を検討している場合は、特にビザの申請は必要ありません。

ただし、アルバイトができないのでしっかりと留学資金を貯めてから渡航するようにしましょう。

 

  • ビザの申請は不要
  • 最大6カ月間の就労が可能
  • アルバイトは不可

 

バンクーバー留学で必要な3つのビザの申請方法

バンクーバー留学で必要な3つのビザの申請方法

ビザの種類が知れたら、次に気になるのが申請方法ですよね。

まず観光ビザは特に申請は必要ないのでご安心ください。

それ以外の学生ビザとワーホリビザはオンライン申請になります。

 

ネスグローバルでは語学学校を申し込んでいただければ、無料で申請を代行しています。

詳細についてはネスグローバルにお問い合わせください。

 

バンクーバー留学で必要な3つのビザのメリット・デメリット

バンクーバー留学で必要な3つのビザのメリット・デメリット

ビザの種類を選ぶ上でメリット・デメリットは気になりますよね。

一覧にしてみたので、ぜひ参考にしてにてください。

 

ビザの種類 メリット デメリット
学生ビザ
  • 半年上の長期滞在が可能
  • アルバイト可能(ESL生徒は不可)
  • インターンシップが可能
  •  入国時に帰りの航空券が不要
  • 申請費がかかる
  • 生活費(約80万円)の残高証明が必要
ワーホリビザ
  • 就労の制限がない
  • 入国時に帰りの航空券が不要
  • インターンシップが可能
  •  申請費がかかる
  • 滞在期間が1年まで
  • 資金証明(約20万円)が必要
観光ビザ
  • 事前のビザ申請が不要
    ※eTA取得必要
  • 無償ボランティアの参加可能
  • 滞在期間が6カ月まで
  • 帰国時の航空券が必要

 

それぞれのメリット・デメリットをまとめると以下の通りです。

  • 学生ビザ:申請に手間はかかるが、6カ月以上の留学やインターンも可能
  • ワーホリビザ:申請に手間はかかるが、就学や就労ができ自由度が高い
  • 観光ビザ:申請に手間はかからないが、滞在期間が短く自由度が低い

 

バンクーバー留学で入国時に注意すべきこと

バンクーバー留学で入国時に注意すべきこと

ビザの種類が決まり取得してもまだ安心はできません。

カナダのビザの特徴として、入国時にビザを発給してもらう必要があります。

この作業をしないと、再度カナダを出国(アメリカなど)して再入国して発給してもらわないといけなくなります。

また入国時に必要な書類もしっかり準備していかないと、ビザを発給してもえない可能性もあります。

念には念を入れてしっかり事前準備をしてから出国しましょう!

 

バンクーバーに留学するためのビザには3つのタイプがある

バンクーバーに留学するためのビザには3つのタイプがある

バンクーバーへの留学で必要なビザについて紹介してきましたので最後におさらいです。

ビザの種類によって、滞在できる期間や就労規定などが異なります。

 

  • 学生ビザがおすすめ:現地の高校や大学に通いたいながらアルバイトもしたい人
  • ワーホリビザがおすすめの人:語学学校に通いながらアルバイトがしたい人
  • 観光ビザがおすすめの人:6カ月以内の短期留学をしたい人

 

ネスグローバルでは留学前から帰国までサポートをしています!

気になることや不安なことがあればいつでもご連絡くださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

たった1週間でも大丈夫!短期ハワイ留学で効果を得るためのポイント

photo-1460518451285-97b6aa326961

スケジュールや予算の都合で1週間しか留学期間がなくても、ポイントさえ押さえれば英語力はアップします。
1週間のハワイ留学で英語をしっかり習得するためのポイントを3つご紹介しましょう。

 

■出発前に英語を予習する

photo-1475243907012-e01b4e4b0a1b

1週間のハワイ留学を最大限に活かすために、出発前の1ヶ月間は英語学習のウォーミングアップに費やします。
日常会話で使う単語や文法は、実は中学英語レベルで十分です。
留学先で英語をどんどん使ってコミュニケーションを取るために、中学英語レベルの参考書や単語集を使って目を通しておきましょう。
もちろん丸暗記やガリ勉をする必要はなく、単語を軽く思い出しながら、記憶の奥にある英語力を手前に手繰り寄せて、使いたい時に使える状態にするイメージで英語の予習を進めれば問題ありません。
英語の予習と聞くと苦手意識を持つ人もいることでしょう。
しかし、1週間という短いハワイ留学で英語を思い出すことに時間がかかってしまえばもったいないので、留学の機会を最大限に活かしたいなら英語学習のウォーミングアップは必要と言えます。

 

■ハワイ留学中はSNSを断つ

photo-1472772224448-b24d00409675

たった1週間の留学だからこそ、ハワイ滞在中はSNSを断ちましょう。
せっかく英語を学ぶために留学しているのに、毎日LINEやTwitter、Instagramなどで日本語を使っていては、頭の中が日本語ばかりになって英語の入るスペースがなくなってしまいます。
ハワイ留学中の1週間はSNSを断ち、使う言葉はもちろん思考回路も英語に変えて英語に馴染むようにしてください。
“日本語は使わない”という覚悟で1週間留学に臨むと効果的です。

 

■留学中は実践を徹底

photo-1460518451285-97b6aa326961

日本で英語を学んでいる場合、教室から一歩外に出れば日本語の世界が広がっています。
しかし、ハワイ留学ではたった1週間とはいえ、英語を学ぶ教室から外に出ても地元の人や海外からの留学生が英語を使っています。
覚えた単語やフレーズは使わないと自分のものとして定着しないので、ぜひ1週間のハワイ留学中は覚えた単語やフレーズを実践で積極的に使ってみましょう。
知識として覚えた言葉ではなく、使った言葉は記憶に残り、自分の英語が現地で通用したという喜びがモチベーションにつながっていきます。

ハワイ留学はポイントを知っていれば1週間でも効果が得られます。
常夏のリゾート・ハワイで英語を学びながら過ごす1週間は、きっと忘れられない留学体験になるでしょう。
ぜひ1週間留学を成功させるポイントを押さえ、ハワイで学んだという達成感を味わってみてください。

バンクーバー留学前に知っておくべき大学事情。日本との違いは?

バンクーバー留学前に知っておくべき大学事情。日本との違いは?

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

最近では海外の大学に進学したい高校生も多くなってきています。

特にカナダのバンクーバーは治安も良く初めての留学にも向いているので、人気を集めています。

 

しかし、海外の大学に入るためには入学手続きや制度をしっかり確認しないといけません。

とはいえ1人で全ての情報を調べるのは難しいですよね。

誤った情報を元に準備を進めてしまって、「入学手続きができなかった」となってしまわないように、留学エージェントを頼るのも1つの賢い方法です。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

まずはカナダの大学について、日本との違いをこの記事で紹介していきますね。

 

カナダの大学の特徴は4つ

カナダの大学の特徴は4つ

カナダの大学の特徴は4つあります。

  1. 入試がない
  2. 4年制
  3. 教育水準が高い
  4. 卒業後の就労ビザが取りやすい
  5. 入学時期が1年に2回

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

カナダの大学の特徴①:入試がない

バンクーバーを含めカナダの大学は入試試験がありません。

ここは日本の大学との大きな違いですね。

筆記や面接などの試験が無く、入学基準(高校の卒業証明書・成績表・英語力を証明するTOEFL・IELTSなど)を満たしているかで入学可否が判断されます。

一見、日本に比べると簡単そうですが英語力がとても重要になってきます。
4年制大学の英語力の目安はTOEFL iBTで90/IELTSで6.5ほどのスコアが必要になり、TOEICに換算すると800~900点ほどです。

 

カナダの大学の特徴②:4年制

カナダの大学も日本と同じ4年制です。

そして日本と同じようにカレッジと言われる、2年制の短大もあります。

このカレッジは4年制大学に比べて入学基準が低いので、まずはカレッジに入学し4年制大学へ編入するという流れも人気になっています。

 

カナダの大学の特徴③:教育水準が高い

カナダの4年制大学はほとんどが州立の公立大学です。

大学数が少ないので各大学の教育水準に大きな差がないのが特徴。

世界大学ランキングでは100位以内にカナダの大学4校がランクインするほど教育水準が高いと評価されています。

先進国の中でも高い水準にあり、それぞれの大学が特色・強みを持っていて各分野で世界的に知名度も高いです。

それゆえに、カナダの大学入学は欧米での就職に有利と言われています。

 

カナダの大学の特徴④:卒業後に就労ビザが簡単に取得できる

カナダの公立大学・短大と一部の専門学校で8カ月以上のプログラムを受講すると、Post Graduation Work Permitという就労ビザが取得できます。

2年間のプログラムを受講すれば、卒業後3年間の就労ビザが発行されるので、カナダへの移住を目指す人にも人気の進学です。

 

カナダの大学の特徴⑤:入学時期が1年に2回

日本の大学の入学時期は4月の1回ですが、カナダの大学の入学時期は9月と1月の2回です。
大学によっては5月に入学できるところもあります。

そのため、希望の入学時期に合わせて願書を提出する必要があります。

あなたの行きたい大学の入学時期をしっかり確認して願書提出の準備をしましょう!

 

カナダの大学へ入学する方法は3通り

カナダの大学へ入学する方法は3通り

日本の高校を卒業してバンクーバーを含むカナダの大学に入学する方法は3通りあります。

  1. そのままカナダの大学に入学
  2. カナダの短大に入学し大学へ編入
  3. カナダの語学学校に通ってから大学もしくは短大に入学

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

カナダの大学へ入学する方法①:そのままカナダの大学に入学

大学が定める英語力を満たしている場合は日本の高校を卒業後、そのままカナダの大学に入学できます。

上述したように、4年制大学への入学にはTOEIC800~900点レベルの英語力が必要になります。

そのまま4年制大学へ入学したい場合は、高校生の間に英語をしっかり学習しておく必要があるでしょう。

ただし、一定の英語力をクリアしていれば、入学前に特定期間大学付属のESL(語学学校)で学び、大学へ入学し4年間で卒業することもできます。

 

カナダの大学へ入学する方法②:カナダの短大に入学し大学へ編入

4年制大学と比較すると、入学基準のハードルは下がります。

まずは短大に入学し、3年次で大学に編入することが可能です。

この方法は、英語のレベルも少しハードルが下がり、かつ費用も抑えられるので留学生にも優しい方法です。

そしてコストが抑えられるので、現地の人からも人気の方法。

 

カナダの大学へ入学する方法③:カナダの語学学校に通ってから大学もしくは短大に入学

日本の高校を卒業後にまずは英語をカナダの民間の語学学校で学びます。

その後、英語力の伸びを見ながら進学先を探します。

進学先は上記で紹介した2つの方法どちらでも可能です。

あなたの英語力や予算と相談して、進学先を決めましょう。

一番時間のかかる方法ですが、英語力に不安のある方にはおすすめの方法です。

 

日本の大学に比べて、入学しやすく留学生に優しいシステム

日本の大学に比べて、入学しやすく留学生に優しいシステム

カナダの大学は日本に比べて入学しやすいのが特徴ですが、もちろん英語力が求められます。

しかし、入学できればその後の進路は大きく広がるでしょう。

これからのグローバル社会で活躍するには海外の大学への留学は大きな強みです。

 

ネスグローバルではカナダの大学留学もサポートしていますので、気になる方はお気軽にお問い合わせくださいね。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

バンクーバー留学のホームステイの魅力とは?リアルな体験談をご紹介!

バンクーバー留学のホームステイの魅力とは?リアルな体験談をご紹介!

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

バンクーバーへ留学するけれど、ホームステイにするべきか迷っていませんか?

 

結論からお伝えすると、海外が初めての方にはホームステイがおすすめです。

なぜおすすめなのか、その理由をバンクーバーでのホームステイの特徴、事情や私の経験などをもとに解説していきますね。

 

バンクーバーでの滞在方法に迷っている方はチェックしておきましょう。

 

ホームステイの特徴と私の体験談

ホームステイの特徴と私の体験談

まずはホームステイの特徴です。

  1. ホームステイ先が決まるのは渡航直前
  2. つたない英語でも快く受け入れてくれる
  3. 食事は3食または2食
  4. 語学学校から30分圏内

これらはどの会社が手配をしても基本的に同じになります。

 

上記だけではあまり想像しにくいかもしれません。

ホームステイと言うと、「可愛い子どものいる家庭で、週末は一緒に遊びに連れて行ってくれて、あと大きな犬がいて…

なんて想像しますよね、私もそう思っていました。

 

しかし、実際はこんな感じです。

  • 移民家族の家にホームステイ
  • ご飯を1人で食べることもよくある
  • レトルト食品の日もある
  • 週末は別行動が基本
  • 他の留学生もいる

 

これは実際に私がホームステイで体験した内容です。

理想と現実がかけ離れすぎていて、ホームステイにしなければよかったなんて声もあります。

 

そしてこれは私が留学時に送っていたホームステイでの基本的なスケジュールです。

平日

週末

  • 朝食はパンなどを焼いて自分で準備
  • 時間になったら学校へ向かう
  • 友人と出かけるので終日外出

  • 作ってくれたサンドイッチを昼食で食べる
  • なし

  • 学校から帰宅
  • ホストマザーが作ってくれた夕食をみんなで食べる
  • 食事後は食器洗い(自主的)
  • 夕食前に帰宅すれば、一緒に食べる

 

基本的には別行動でした。

しかし、わからないことや質問をするとしっかり答えて、コミュニケーションも取ってくれます。

彼らは現地で長く暮らしているので、たとえ移民であったとしても現地のことに詳しいです。

私のホストファミリーはアジア系だったため、食事も口に合っていてストレスを溜めることはありませんでした。

家庭によっては、イタリア系や、アフリカ系だったりざまざまです。
そうなるともちろん食事も彼らの口に合ったものになります。

 

私が想像するホームステイとは全く異なりましたが、日本では体験することのできない経験や、ホストファミリーとのコミュニケーションの取り方など、多くのことを学びました。

「ホームステイにしなければよかった」という後悔はありません。

むしろ、海外が初めての人ほど、ホームステイにしてたくさんのことを経験した方がいいです。

 

バンクーバーのホームステイ事情、上手にホストファミリーと過ごすには

バンクーバーのホームステイ事情、上手にホストファミリーと過ごすには

バンクーバーのホームステイ事情はほかの都市や国と共通することがあります。

 

それは、「ビジネスで留学生を受け入れている家庭も多い」ということ。

もちろん、家族のように学校の送り迎えをしてくれたり、手厚くケアしてくれる家庭もあります。

一方で、ビジネスライクで必要最低限のコミュニケーションだけの家庭もあるのが現状です。

家庭によって受け入れ方が異なるのが、ホームステイ事情の1つです。

 

とはいえ、現地に行ってからホストファミリーを変更することは、よっぽどのことがない限り難しいです。

ホストファミリーとうまくやっていくポイントは、「自分の意見を主張する」ということ。

海外では日本と違い、意見を主張しないと気づいてもらえません。

察してくれる文化ではないことを理解しておく必要があります。

海外では主張することで、「この人は自分の意見をしっかり持っている」と認識され、より受け入れてもらいやすくなります。

 

我慢をしてストレスを溜めるのではなく、主張してコミュニケーションを取りましょう。

 

バンクーバーでホームステイをする時のルール

バンクーバーでホームステイをする時のルール

最後にバンクーバーでホームステイをする時に知っておきたいルールを紹介しますね。

  • その過程のハウスルール
  • 報連相

この2点は最低限確認しておきましょう!

 

家庭によっては、シャワーの時間や、洗濯の回数(やってくれるのか、自分でやるのか)、食事の時間など決まりごとがあります。

ホームステイの初日に必ず確認して、ルールを守ることで、その後のホストファミリーとの生活も過ごしやすくなります。

そしてもう1つが報連相です。

どんな環境でもこれは大切ですよね。

ホームステイをしている間は、その家庭にお世話になります。
ホストマザーがあなたの分のご飯も用意してくれているので、ご飯がいらない時や帰りが遅くなる時は心配させないように連絡するのが常識です。

ホストファミリーと上手に生活するためにこの2点は守るようにしましょう!

 

まとめ:それでもホームステイがおすすめ

まとめ:それでもホームステイがおすすめ

バンクーバーのホームステイについて体験談も踏まえ紹介してきました。

正直、ホームステイはいい事だけではありません。

私もホームステイを手配してきた中で、留学生から不満やトラブルの相談を受けることもありました。

 

海外で生活するのは日本で生活するのと全く異なります。

日本での当たり前は海外では当たり前ではないので、そういった場面に直面し、あなたがどう成長できるかが大切です。

ホームステイも同じです。
初めての土地で普段関わりのない人と接することで、あなた自身が成長できるチャンスがたくさんあります。

 

もちろんネスグローバルでは留学中もサポートをしているので、1人では解決できないことや相談したいことがあればいつでもご連絡いただけます。

 

いつでもお気軽にお問い合わせくださいね!

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

バンクーバー留学の特徴とは?3つのメリットをご紹介!

バンクーバー留学の特徴とメリット

こんにちは、留学ライターのもりなつ(@morinatsu1)です。

 

人気の留学先であるバンクーバーですが、基本情報や特徴、そしてメリットはご存知ですか?

これからバンクーバーの留学を考えている方は特徴やメリットはしっかり確認しておきましょう。

 

ということで本記事ではバンクーバーの基本情報と特徴、メリットをご紹介していきます。

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる

 

バンクーバーの基本情報

バンクーバーの基本情報

トロント、モントリオールに続く第3の都市がバンクーバーです。

バンクーバーはアメリカのロサンゼルスと同じく北米大陸の西海岸にあります。

日本からは成田、羽田、関西空港から直行便が就航していて、フライト時間も約9時間とアクセスが便利です。

日本をはじめアジアからのアクセスが良いのでアジア人が多いのも特徴。

 

そして日本との時差は3月から11月の夏時間は16時間、11月から3月の冬時間は17時間になります。

 

バンクーバーは留学に限らず、観光やビジネスで訪れるアジア人が多い都市の1つです。

 

バンクーバーは住みやすい都市として人気の留学先

住みやすい都市として人気のバンクーバー

バンクーバーは2013年から6年間、イギリスの雑誌「The Economist」の「世界で住みやすい都市ランキング」の上位にランクインしています。

このランキングは世界の140都市を対象に安全性・医療・文化・環境・教育・インフラなどさまざまな項目をもとに世界各国の都市を「住みやすさ」でランキングしたものです。

このランキングでは、オーストラリアのメルボルンやウィーンが常連でランクインしていることでも有名ですね。

 

バンクーバーもそれらの都市に匹敵するほど「住みやすい都市」と世界中で認識されています。

 

バンクーバー留学のメリット

バンクーバー留学のメリット

続いて、バンクーバー留学のメリットをご紹介します。

  1. 語学学校の質が良い
  2. 治安が良い
  3. 自然が多く穏やかな気候

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

バンクーバー留学のメリット①:語学学校の質が良い

語学学校の質が良い

バンクーバーは英語圏の留学先の中でも世界各国から人気を集めています。

その理由としては、語学学校の数が多く、どの学校もクラスや講師の質を上げようと競い合っているから。

 

中には独自のカリキュラムや他校にはないサービスやコースを提供する学校等もあります。

そうすることで、自分に合った学校を見つけやすく、満足度の高い留学をすることができます。

バンクーバーの語学学校が気になる方はこちらの学校一覧をチェックしてみて下さいね。

 

語学学校がたくさんあって、自分だけでは決められないという方はネスグローバルにご相談ください。

弊社のカウンセラーがあなたに合った語学学校を提案いたします。

 

ネスグローバルに問い合わせてみる

 

バンクーバー留学のメリット②:治安が良い

治安が良い

バンクーバーを含め、カナダは移民を多く受け入れる国として有名。

さまざまな国籍の人たちを受け入れることに慣れているため、留学生や移民に対する差別や偏見は少ないです。

 

またバンクーバーを含め、カナダは銃規制がされているため治安が良いと言われています。

 

とはいえ、日本に比べると犯罪発生率は5倍にもなります。

あくまでも海外にいるということを頭に入れて生活することが大切です。

 

バンクーバー留学のメリット③:自然が多く穏やかな気候

自然が多く穏やかな気候

バンクーバー市内は不便なく生活できます。

便利なだけではなく、周辺まで足をのばすとたくさんのビーチや山など自然がたくさんあります。

北米最大のゲレンデであるロッキー山脈のウィスラーも足をのばせばバスで3時間ほどで行くこともできるので、留学中のアクティビティも存分に楽しめますよ。

また隣国のアメリカへのアクセスも良いため、週末にサンフランシスコやロサンゼルスへのロードトリップもおすすめです。

 

そしてカナダというと、冬は寒いイメージがありますよね。

しかし、積雪量が多く気温が氷点下まで行く気候はカナダの東海岸が中心です。

バンクーバーは西海岸からの暖流の影響で、雪が降ることはあまりありません。

冬場の気温は東京と同じぐらいと思っていただいて問題ないです。

 

バンク―バーは留学生に優しい都市

バンクーバーは留学生に優しい

バンクーバー留学の特徴とメリットをご紹介してきたので、最後におさらいです。

  1. 語学学校の質が良い
  2. 治安が良い
  3. 自然が多く穏やかな気候

これらのメリットを見るだけでも、「世界で住みやすい都市」にも選ばれる理由が分かりますよね。

日本だけではなく、世界各国からも人気なのがバンクーバー留学。

 

ネスグローバルではあなたに合った留学先や語学学校を見つけるお手伝いをしています!

 

ネスグローバルに無料見積もりを依頼してみる